セキュリティについて

  • HOME »
  • セキュリティについて
個人情報をいかに守るかが選挙運営の大事な課題
企業や団体、法人などが運営するWEBサイトは、日々外部からの攻撃にさらされています。そのため個人情報保護の観点からセキュリティ対策には敏感である必要があります。散見されるWEB選挙システムにおいては、セキュリティ対策こそシステム選択の最重要項目であることに間違いはありません。
情報漏えいの多くは、外部からの攻撃によって発生しています

コンピュータやWEBにまつわる犯罪は、後を絶ちません。その最たるものが広く世間の不安を煽り、企業やその会員全般に大きな打撃を与える情報漏えいを引き起こす攻撃なのです。
攻撃者は攻撃しやすいサイトか判別し、大小企業問わず攻撃してきます

これまでの攻撃では、ニュース性、より大きな不安といった観点から、会員の多い大手企業を狙う傾向にありましたが、昨今では規模の大小に関わらず、脆弱性のあるサイトを攻撃する傾向にあります。
攻撃者は規模も手法も急速に変化し、組織的なプロ集団化しています

これまでの攻撃では、ニュース性、より大きな不安といった観点から、会員の多い大手企業を狙う傾向にありましたが、昨今では規模の大小に関わらず、脆弱性のあるサイトを攻撃する傾向にあります。
業界最高レベルのセキュリティ対策によってi-Voteを運営しています

i-VoteはかねてよりWAF(ワフ:Web Application Firewall)を導入し、業界最高レベルのセキュリティ対策によって運営をおこなっていますので、安心して選挙システムをお使い頂けます。
通信データは盗聴・改竄防止のため暗号化されています

Webアプリケーションを攻撃する様々な不正アクセスを遮断します

システムの稼働状況を24時間監視、トラブル発生の場合は管理者にリアルタイムで通知します

災害や有事における大規模なシステム障害に対するリカバリ体制も用意されています




PAGETOP
Copyright © 2014--2021 MEC Co.,Ltd. All right Reserved