主な特徴

  • HOME »
  • 主な特徴
i-Voteならではの5つの魅力をご紹介します。
選挙準備から立候補受付、投票・開票、結果通知まで、選挙運営に関連するすべての業務をクラウドサービス化。さまざまな規模の法人選挙に対応し、コストを掛けずに信頼性の高い選挙を実現します。

数百人~数十万人規模まで、柔軟に対応

小規模~大規模まで、さまざまな規模の選挙に対応しています。
全国や各県単位など、広い地域に散らばる会員の選挙運営が可能です。
複数の選挙区で実施される選挙を、一つの選挙として管理することが
できます。

法人選挙に特化した強力な機能

選挙準備→立候補→投票→開票→結果通知までの選挙運営のすべてを
ネット上で処理できます。
選挙期間中に、投票状況をリアルタイムでウォッチできます。
メールの自動配信や一括配信機能が利用でき、手際のよい選挙運営が
行えます。
名簿上にメールが登録されていない会員も、システムと連携した郵送
投票で対応可能です。

専門スタッフによる充実したサポート

お客様ごとに専任のサポート担当を設置し、システム設定から選挙
運営までをご支援します。
システムの利用だけでなく、選挙の準備・運営に関するサポートを
豊富なノウハウでご支援します。

圧倒的なコストパフォーマンス

選挙の実施ごとに、有権者1名につき100円(税抜き)の従量課金制です。
「無投票選挙」(未投票)になった場合は、基本サポート料金のみで、
有権者数に応じた従量料金は発生しません。  >詳しく見る

他システムからの移行を無償で支援

既に運用中の選挙システムや、他社のクラウドサービスからi-Voteへ移行
する場合は、無償でシステム移行を行います。

クラウドサービスって安全なの?

自らサーバーを運用する場合に比べ、はるかに安全、安心です。
エム・イー・シーでは、プライベートクラウド上でi-Voteを運用し、お客様にサービスとして提供しています。
つまり、高度なセキュリティが確保されているクラウド環境を活用して、ウェブ選挙を提供するサービスであり、一般企業や法人組織が社内で自らサーバーを運用したり、一部の廉価なパブリッククラウドを利用したりする場合に比べてはるかに安全で、安心です。
また、サーバーがトラブルなどで停止してしまう可能性も、最小限に抑えられています。
i-Voteのセキュリティについて
カード情報セキュリティの国際統一基準(PCI-DSS)に対応
便利なクラウドサービスも、重要なデータは外部のデータセンターで管理されています。
それはインターネット通じてサービスを利用することに他ならず、常に第三者による不正アクセスや盗聴などの攻撃により、情報漏えいやデータの改ざんのリスクにさらされているということなのです。そしてその攻撃も最近では無差別になっています。
i-Voteではセキュリティ対策にクレジットカード決済システムと同等のWAF(Web Application Firewall)を導入していますので、より安心してサービスをご利用いただけます。



PAGETOP
Copyright © 2014--2021 MEC Co.,Ltd. All right Reserved